写真撮影

天候が悪くても楽しい一眼レフライフを過ごしたい

投稿日:2018年7月2日 更新日:

雨の日も楽しく撮影できる!手軽に使えるアイテム&注意事項 

 雨の日の撮影には、普段より注意が必要です。水滴により、部品がサビついてしまうなどの危険性があるからです。今回は、雨の日でも楽しく撮影できるアイテムなどをご紹介します。

■防塵防滴のカメラでも安心できない

現代では、チリやホコリが入ることを防ぐ「防塵」や、カメラを水から守る「防滴」仕様のカメラが販売されていますが、完全に埃や水滴などを防ぐことは、難しいです。特に古いカメラの場合は、「防滴」などの仕様になっていないのが多いので、雨の日の撮影や水を伴う撮影の場合は、いかに雨や水滴をカメラに付けないということが重要になってきます。

■雨の日の撮影など、水を伴う撮影に必要なアイテム

①乾いたタオルや雨がはじきやすい素材のタオルなど拭くものは必須!

一番大切なことは、「濡れない」「濡らさない」ということです。カメラのレンズや本体が濡れてしまったら、すぐに拭くことです。

また、乾いたタオルは、濡れたら交換する必要があるため、数枚用意します。吸水性に優れた「マイクロファイバークロス」でボディを拭いたり、レンズに付着してしまった水滴や指紋などは「クリーニングクロス」などを利用すると便利でしょう。

②透明のビニール傘がおすすめ

傘を差しながら撮影する場合は、透明のビニール傘を利用しましょう。透明のビニール傘なら、光を通すことのできるので、被写体が影にならず、明るく撮影できます。

②カメラ用のレインカバー・レインジャケット

市販で、いろいろなタイプのカメラ用のレインカバーが売られていますので、機種や使う用途などを考えて購入すると良いでしょう。

そこまで本格的なものを必要としない方や、突然の雨でレインカバーがない、忘れたときなどのアクシデントが起きた場合は「簡易的なレインカバー」を作ることができます。

例えば、レジ袋やビニール袋の底を、三日月のような形で切ります。そこからレンズを出して撮影します。あとは、袋をゴムや防水テープで止めれば出来上がりです。ズームを使う場合は、ゴムなどを止める場所を間違えると使いにくくなりますので、何度も動かして確認することが大切です。

また、使い捨てのヘアーキャップを利用することもできます。ホテルに宿泊したときにあれば利用できますし、近くに100円均一のお店があれば、安価で購入できます。必ず、ゴム、防水テープまたはガムテープなどの止めるものは必要となります。

■注意が必要!カメラ用レインカバー内の湿気

雨の日や水を使うショーなどでは、やはりレインカバーは必須です。レインカバーを使っているうちに、徐々に湿気が帯びてきて、湿度が高くなってきます。カメラにとって湿気は大敵ですので、撮影後は、すぐにカメラからレインカバーを外してあげることが大切です。

-写真撮影

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

風景撮影を存分に楽しむ撮影方法 

風景撮影を満足いくものにしよう 旅行に行った際や何気ない日常の風景を綺麗にお洒落に撮りたいですよね。風景撮影の大事なポイントは被写体を絞るという事です。旅行にいったりすると気分が高まっていることもあり …

夏と秋のカメラライフを楽しむ

夏の花を撮ってみよう、蓮の花とひまわりを撮影するときのポイント 夏を彩る花といえば、あさがおやひまわりや蓮など色鮮やかな花が多いですよね。例えば、蓮の花の撮影などは、午前中の早い時間で暑くなる前に撮影 …

インスタグラマー入門の撮影方法とは

インスタ映えする料理の撮り方を学ぼう インスタやフェイスブックなどあらゆるSNSで多い写真はやはり料理の写真ですよね。そんな料理の写真を素人でもかっこよく撮れるように勉強していきましょう。まず大切なの …

映える写真を撮ろう!プロから学ぶ露出補正とは

露出補正を知っておこう!イメージ通りの写真を再現するには?  撮影した写真を、自分のイメージに近づけるために、明るさを調節できる「露出補正」があります。光と影の大きな露出差があるほど、その力を発揮しま …

旅先で写真を撮るときの注意点

写真撮影のときは著作権に注意 旅行にいって建物や風景の写真を撮るときってうよくありますよね。マナーを守れば個人の思い出として楽しむ分には良いのですが、商用利用する場合様々な権利や著作権の問題が発生しま …