写真撮影

美しい写真への道 アングルで印象が大きく変わる

投稿日:2018年6月2日 更新日:

【初心者向け】美しい写真を撮るためにアングルについて知っておこう!

 さまざまな個性豊かな写真を撮影するには、アングルが重要になってきます。カメラの角度を意識した撮影を行えば、イメージ通りの写真が出来上がります。

今回は、アングルについてご紹介します。

 

■アングルとは?

写真における「アングル」とは、被写体に対するカメラの角度のことを言います。アングルは、構図を決めるにあたって、とても大切です。

主に「水平アングル」「ローアングル」「ハイアングル」があり、カメラのアングルを変えるだけでも、写真の印象がかなり変わります。

 

■水平アングルとは

標準的なカメラアングルで、カメラを水平のまま撮影します。被写体と同じ目線から撮影するので、被写体の表情や姿がはっきりと捉えることができます。構図がシンプルながらも奥行きがだせるので、人物撮影や商品撮影などに最適です。また水平アングルを、左右に変えるだけでも、写真の表情が変わります。

 

■ローアングルとは

写真撮影の「ローアングル」とは、被写体を見上げるように撮影する方法です。

高い場所からの視点に比べ、被写体が強調され、開放感、威圧感や躍動感などを表現できます。例えばスカイツリーをローアングルで撮影した場合は、見上げるような迫力とスケール感がある写真が撮れます。

 

■ハイアングルとは

被写体より高い位置から、被写体を見下ろすように撮影する方法です。

例えば、自分の目の高さから見下ろして撮影することが多いのが、色鮮やかな美しい風景、花、おいしそうな料理やスイーツなどを撮影するときです。被写体を、客観的に美しく撮影できます。また、ペットの犬猫をハイアングルで撮ると、かわいらしく撮れます。

 

■ハイアングルにも種類がある

ハイアングルには、被写体の真上から撮影する「真俯瞰(まふかん)」と、高い位置から見下ろして、パノラマのように撮影する「俯瞰(ふかん)」があります。

真俯瞰(まふかん)で撮影すると、たくさんのアイテムや数々のおいそうな料理などを、まとめて上から覗いたような雰囲気を表現できます。

俯瞰(ふかん)は、被写体をクローズアップするというよりは、全体的な空気感、その場の自然な雰囲気を表現するのに適しています。

■3つの「カメラポジション」もある

カメラポジションとは、カメラの撮影位置のことです。主に、目の高さの「アイレベル」、しゃがんで低い位置に構える「ローポジション」、頭上よりも高い位置で構える「ハイポジション」があります。アングルと間違いやすいですが、ポイントとしては、カメラの角度なのか、撮影する位置なのかの違いです。

 

-写真撮影

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

プロカメラマンから学ぶライティング基礎

理想的な写真を撮るには?光の存在を知ろう!  デジタル一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラの使い方に慣れてきたら、やはりきれいな写真を撮影したくなります。そのためには、最低限の光の向きを知っておく …

写真がうまく見えるカメラの撮影テクニック

ワンランク上のカメラライフを楽しもう! 一眼レフやミラーレス一眼、コンパクトデジタルカメラを購入したけど「どうしたらうまく撮影できるの?」「最近、似たような写真が多いような気がする」と悩んでいる人も多 …

旅先で写真を撮るときの注意点

写真撮影のときは著作権に注意 旅行にいって建物や風景の写真を撮るときってうよくありますよね。マナーを守れば個人の思い出として楽しむ分には良いのですが、商用利用する場合様々な権利や著作権の問題が発生しま …

夏と秋のカメラライフを楽しむ

夏の花を撮ってみよう、蓮の花とひまわりを撮影するときのポイント 夏を彩る花といえば、あさがおやひまわりや蓮など色鮮やかな花が多いですよね。例えば、蓮の花の撮影などは、午前中の早い時間で暑くなる前に撮影 …

ポートレートで写真の技術を磨く 身近な人を撮影しよう

デジタル一眼レフカメラで「ポートレート」撮影を楽しもう!   デジタル一眼レフカメラなどを使用して、美しくポートレートを撮影するには、いろいろな方法があります。ここでは、ポートレート撮影について、まと …